優秀

世界規模で見て、日本の技術がかなり優秀な産業はたくさんあります。驚くべき点は大きな企業ばかりが世界に注目を集めているわけではないということです。そこまで大きくはない、いわゆる中小企業でも素晴らしい技術だと認められています。また、そういった生産の場面だけではなく、医歯薬の世界に関しても同じことが言えます。どの分野がどれほどというのを詳しく説明することはできませんが、一つだけ優れていると言えるものがあります。それは産婦人科での出産、子供を無事にこの世に取りだすという行為についてです。

現在私には子供が一人います。無事に子供が産まれてくるまでに二度の流産を経験しています。流産を経験して、何が原因なのか何か対処法がないか、自分なりにネットで探したりしたこともありました。やはり二度も流産を経験すると、もっと早くにそういった危険性があるということを医師は分かっているのではないか、などと疑心暗鬼になったこともありました。しかし、何かの冊子に日本での出産の医療については世界的にみてもかなり優秀であるということが書かれていました。世界規模で見ると、子供が無事に生まれてくる確率がかなり高いのが日本だったのです。例えば外国では妊娠しているかもしれないとわかっていても、ある程度の期間に満たないと診察をしてもらえないのだそうです。これでは、初期流産を防ぐことは到底できません。しかし、日本では自分が妊娠したと気づけば受診することはできますし、それまでの経緯などからで初期流産などを防ぐための処置をしてもらうことができます。日本は世界的にみても安心して子供を産める環境が整っていると知って、ほっとしました。

Comments 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*